キャッシング審査で注意すべき2つのこと

キャッシング審査で初心者がつい失敗してしまいやすい間違いが2つあります。1つは審査に自信がなかったり不安を補うために、同時に多くののキャッシングに申込んでしまうことです。

下手な鉄砲も数打てば当たるということわざがあります。でもこれはキャッシング申込みのときには絶対にやってはいけないことです。3社以上同時に申込むと、業界用語でいう申し込みブラックの条件に該当してしまいます。

多くの会社に一度に申し込む行為は貸手側から見ると、よほど切羽詰った事情があると受け取られてしまいます。そして多重債務の候補者という評価をされてしまうのです。キャッシング審査では、利用者の返済能力や信用度や安全性を厳密にチェックされるので、危険度が高いと判断されると通ることはできません。

もう1つ初心者が審査で失敗しやすいことは、記入項目を正確に報告しないケースです。やはり審査に自信がないので勤務年数を長めに書いてみたり、実際よりも年収を多く記入したりして、少しでも自分の条件をよく見せようとするのです。でも事実に反する虚偽の報告は、申込者の信用を落とす効果以外何もありません。

どちらも審査に通るための努力を試みただけですが、自分で審査に落ちるための条件作りをする結果になるだけです。なので審査を受けるときは1社のみにして、また事実を正直に報告することが結局は審査に通る近道だといえるでしょう。

キャッシングの申込方法

キャッシングを利用してみたいけれど、今までにキャッシングを利用した経験がなくどのように申し込みをすればよいか分からないという方も少なくないかと思います。今回は、そうしたキャッシング初心者のためにキャッシングの申込方法についてご紹介します。

近年では、無人機の普及により以前に比べると利用は減少傾向にありますが、消費者金融の店頭窓口で申込を行うことが出来ます。申し込みの結果はその場で分かることが多く、審査にクリアすれば融資用のカードを受け取ることになります。

キャッシングの利用が初めてという方は、丁寧な説明が受けられる店頭窓口による申込がオススメです。

続いては各地に設置されている消費者金融の無人機で行う申込です。自身の信用情報を無人機に入力し、融資が可能か審査が行われます。こちらも審査をクリアすると、その場でカードを受け取ることができます。

最後はインターネットでのWeb申し込みです。インターネットの普及によりインターネット上からの申込を導入する消費者金融も増加してきています。専用の申込フォームに必要な情報を入力し、求められた書類などを提出することで、審査を受けることが出来ます。

審査にクリアすると、指定した口座に希望した融資額が振り込まれる形が一般的です。

低利息で便利な楽天銀行のスーパーローン

急にお金が必要になったのに現金が手元に無くて困っている方には、楽天銀行のスーパーローンを利用してキャッシングをするのもおすすめの方法です。

楽天銀行のスーパーローンは20才から60才までの毎月安定した収入がある人が利用することができ、年利息が4.9%から14.5%と低利息なのが特徴です。一般的な消費者金融では利息の上限が18%程度であるところが多いので、最高でも14.5%という金利はとても有利で使いやすいと言えます。

インターネットのホームページを利用してキャッシングを申し込むとその日のうちに融資を受けることができるかどうかの審査を受けて結果を受け取ることができ、運転免許証などの必要書類を証明書送付アプリで送ればその日のうちに現金を振り込んでもらうことができるので、大変手軽で便利です。

楽天銀行のスーパーローンには200万円までの借り入れならば、原則として収入証明書が要らないというメリットもあります。また最高の利用限度額が500万円と大きいので、複数の業者から行っている借り入れを1本化してまとめるのにも適しています。

借り入れをまとめることで利息を安くできますし、残高スライドリボルビング返済を採用しているので毎月決まった金額を計画的に返済していくことが可能です。